ヒフミド

乾燥肌対策に評判の小林製薬の保湿基礎化粧品ヒフミド。商品の特徴や効果、口コミをまとめました。

乾燥肌に悩む女性に人気の基礎化粧品「ヒフミド」の特徴

ヒフミドは、製薬会社の小林製薬が手掛ける基礎化粧品シリーズ。美肌づくりに欠かせない「セラミド」が主成分で、潤いを閉じ込め、バリアで外部刺激から守るという働きを重視しています。ヒフミドが一般的なセラミド化粧品と違うのは、保水力が3倍という「ヒト型セラミド」を採用しているところ。人の体内に存在するセラミドだから肌に無理なく吸収され、より高い効果が得られます。

ヒフミドに含まれている保水&保湿効果のある成分

ヒフミドの主成分となるヒト型セラミドは化粧水、乳液、クリームをはじめ、クレンジングや洗顔料までヒフミド全商品に採用されています。

【有効成分】

●セラミド

人の体内に存在するヒト型セラミドを採用。なめらかで柔軟性を持った肌に導く「セラミドⅠ型」、肌のバリア機能を高める「セラミドⅡ型」、セラミドⅡ型と同様に高い保湿効果を持つ「セラミドⅢ型」の3つのセラミドを配合しています。

●リピジュア(ローション・クリームに配合)

涙に含まれる成分「リン脂質」をもとに開発された多機能保湿成分。潤いのベールを作ります。

●サガラメエキス

伊勢志摩の特産品として知られるサガラメという藻のエキス。セラミドの元となるフィラグリンを同時に増やす作用があります。

●グルコシルセラミド

グルコースにセラミドが結合したもの。肌の水分を保持する働きを持ち、アトピー性皮膚炎の改善効果が期待できます。

ヒフミドで乾燥肌が改善された人の口コミ

花ヒフミドのクリームを使い始めてから肌のキメが整って化粧のノリがよくなりました。夜塗ると朝の洗顔時にはすべすべに。乾燥しない、化粧崩れしない、ハリも蘇る…など、肌が生まれ変わったようです。クリームを使うのは初めてですが効果てきめんですね。

花ローションを使っています。ガサガサの乾燥肌にもしっかり浸透していくのがわかり、本当にもっちり。手の平に肌が吸い付く感じがしてつけた直後から潤いを実感できます。触った感覚が全然違うので、つい何度も触ってしまうくらいです。

花モイスチャーローションの効果にびっくり。色々な化粧水を試しましたが、翌朝までのしっとり効果は一番でした。乳液とクリームも併用して乾燥を防いで冬の乾燥を乗り切れたらと思っています。

花小林製薬は有名な会社だし、トライアルセットがお手頃だったので試してみました。特に良かったのはミルクとクリームです。ミルクはとろみがあるテクスチャで、伸びが良く嫌なベタつきがなく長時間経っても肌がしっとりします。

花ヒフミドのライン使いをはじめてから目元の笑いジワが薄くなったきがします。以前は、化粧のノリが悪く冬は粉をふくこともありましたが、今は夕方までお化粧直しをしなくてもヨレが気になりません。基礎化粧品って本当に大切なんですね。

ヒフミドの実力は?乾燥肌化粧品を徹底比較!

商品情報

ヒフミド エッセンスローション4,644円、エッセンスミルク4,860円、エッセンスクリーム6,480円/小林製薬

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑