乾燥肌対策グランプリ » 敏感肌・アトピー肌の対策ポイント » 化粧品を選ぶ前にチェックしたいこと

化粧品を選ぶ前にチェックしたいこと

乾燥肌・敏感肌・アトピー肌の人が化粧品を選ぶ際にチェックすべきポイントをまとめました。NG成分や肌のバリア機能をアップさせる保湿成分、さらにシンプルケアの大切さなど役立つ情報をお届けします。

乾燥肌・敏感肌・アトピー肌さんのための化粧品選び

敏感肌の人は、もともと化粧品選びを慎重にされていると思います。無添加のものやオーガニックのものを使っている、という方も多いのではないでしょうか。でも、単純に天然成分だから良い、無添加だから良いというのは間違いです。敏感肌の場合は、成分の質も大切ですが数の方が重要。なかには刺激が強い成分もありますし、できれば配合成分の少ないシンプルな化粧品を選びたいもの。

●基礎化粧品

肌が敏感な人は、角質層のバリア機能が失われた状態なので、角質層にある細胞の隙間を埋めてくれるセラミドなどの保湿成分が入った基礎化粧品がおすすめです。保水・保湿力の高さで注目を集めているサクラン、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分も押さえておきましょう。

●メイクアップ

肌荒れがひどい時はメイクを控えた方が良いですが、軽度の場合は肌に良い化粧品を選べばメイクをしても大丈夫。肌に直接触れるベースメイクが肝心なので、ファンデーションはリキッドを避け、パウダータイプを。薄付きなものを選び、洗顔で落とす時の負担を最小限にとどめましょう。

基礎化粧品・スキンケアのNG成分

化粧品を選ぶ際には、成分表示を必ずチェックしましょう。多くの化粧品に、保存料や防腐剤が入っているため、敏感肌やアトピー肌の人には刺激となってしまいます。保存料や防腐剤が入っている化粧品は避けるようにしましょう。

代表的な保存料、防腐剤の成分

クレンジング・洗顔料選びの注意点

洗顔料などで使われる合成界面活性剤も刺激が強いのでNG。ラウリル酸硫酸ナトリウム、ココイルイセチオンNa、ポリソルベートなどの洗浄成分が含まれるものは避けましょう。

また、洗顔やクレンジングの際にゴシゴシこすってしまうのは厳禁!摩擦などの物理的刺激は敏感肌にとって大敵です。肌への負担を最小限にとどめるためには、クレンジングと洗顔がセットになった洗顔料を選ぶのも◎。保湿成分を含む洗顔料なら、洗い流した後もヒリヒリせずおすすめです。

肌のバリア機能を高めてくれる保湿成分

敏感肌の人は角質層のセラミドが不足してバリア機能が弱まっているため、保湿成分を積極的に補う必要があります。皮膚表面が皮脂膜でしっかり覆われていないと外部からの刺激に弱くなってしまうからです。

バリア機能アップの代表的成分であるセラミドをはじめ、ワセリン、スクワラン、ホホバオイル、セラミドを補給することで肌の水分が保持でき外部の刺激から守ることができます。

敏感肌だからこそ、シンプルケアが大切

肌のバリア機能を高めるためには保湿が大切。ということは、「化粧水も乳液も美容液もしっかり塗らなくちゃ!」と思ってしまうかもしれませんが、過度なスキンケアは必要なし。

むしろ、化粧水、乳液、美容液、クリームと、何度も手やコットンが肌に触れると物理的な刺激が増すことになります。敏感肌の人は、シンプルなケアを心がけましょう。

ベストなスキンケアはワンステップで済む「オールインワンタイプ」

肌の接触が1度で済むオールインワンタイプの化粧品なら、肌への刺激や負担が最小限で済みます。ただ、なかには成分過多だったり、添加物が入っていたりする場合もあるので、成分表示を確認の上、無添加タイプのものを選ぶようにしましょう。

無添加タイプのおすすめオールインワン化粧品はコレ>>

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑