デリケート肌の原因

近年、増えている乾燥肌や敏感肌の原因をわかりやすく解説。アトピー肌のメカニズムについてもご紹介します。

肌の乾燥がひどい、肌がピリピリ…その原因はさまざま

洗浄力の強いシャンプーを使ったらニキビができた…、チクチクした服を着ると肌がピリピリする…、心当たりがある人は敏感肌かもしれません。敏感肌とは、普通の人では何ともないような刺激に反応してしまい、炎症や赤み、肌荒れを起こしやすい肌タイプのこと。精神的なストレスや食生活、環境の変化によって肌が敏感になる人が増えているようです。

バリア機能が低下して肌がデリケートな状態に

バリア機能が低下した肌敏感肌は、肌のバリア機能が失われた状態。外からの刺激を受けやすいため、ちょっとした刺激物質でもかゆみやかぶれを起こしたり、髪や衣服が触れただけでかゆくなったりします。化粧水に含まれる少しのアルコールでしみることもあるため、敏感肌の人は化粧品選びに注意が必要。同時に、肌に刺激を当たるような間違ったスキンケアも敏感肌を引きおこしてしまいます。

健康な皮膚と、敏感肌・アトピー肌の皮膚の違い

健康な人の表皮は皮脂膜と角質層で覆われていて、外からの刺激をガードするバリア機能が備わっています。水分の蒸発も表皮が防ぐため、肌の潤いもキープされます。

ところが、肌の水分が失われて乾燥すると角質層を補うために皮脂が過剰に分泌されるようになり、乾燥肌なのにニキビができてしまうという状態に。

バリア機能が正しく働かない状態のイメージさらに、慢性的な乾燥・肌荒れが続くと、「かゆみ」を感じる神経が過敏な状態になります。かゆみを感じるヒスタミンという物質が出ると肌がムズムズしはじめ、かゆいからかくという動作を繰り返すことに。その結果、肌のバリア機能はますます損なわれてしまい、水分が蒸発し、肌荒れとかゆみが増してきます。繰り返す乾燥により、肌がさらに敏感になるという悪循環を起こしてしまいます。これが敏感肌の状態です。

敏感肌と同じような症状が出るアトピー性皮膚炎は、免疫異常、ストレス、体質などさまざまな原因が挙げられますが、肌のバリア機能が失われる→乾燥する→かゆい→かきむしる→バリア機能が失われる…という悪循環がより顕著に表れるのが特徴です。

乾燥肌や敏感肌のスキンケア

敏感肌の人は肌のバリア機能が失われているため、肌の形成に必要な栄養素を摂る必要があります。ミネラルやビタミンなど皮膚の健康維持に貢献してくれる栄養素を積極的に摂りましょう。また、角質層の細胞と細胞の間をうめて水分を保つ働きをもつセラミドや、水分を蓄える働きをもつヒアルロン酸などの保湿成分も必須です。低刺激で適切なスキンケアで肌のバリア機能を保ちましょう。

バリア機能を回復できるスキンケアアイテム>>

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑