粉ふきやかゆみなど、1年を通して肌にとってはもっともシビアな季節となる「冬」。乾燥する肌の状態を正しく理解し、冬に適したスキンケアを取り入れましょう。

乾燥の本番!カサカサ・かゆみ・粉ふきに打ち勝つために

気温の低下と乾燥が続く冬は、肌にとっては1年を通してもっとも過酷な季節。乾燥による肌のかゆみ、粉ふきといった冬ならではのトラブルも出てきます。

冬は皮脂の分泌量が低下し、水分の蒸発量も急増します。しかも、冬の室内は屋外よりも10〜20%も湿度が低い傾向にあり、室内に居る時間が長い人はより乾燥を実感しやすくなります。

これは、日本の住環境の変化も影響していて、昔の住まいに比べると気密性が高いマンションや戸建てが増え、暖房器が普及しているため、乾燥の条件が揃ってしまっているのです。

このような環境では、肌はドライフルーツのような状態に…。冬の保湿ケアがいかに重要か、おわかりいただけますよね。

新陳代謝も低下してターンオーバーも乱れがちに

さらに厄介なのが、冬は新陳代謝が落ちるということ。夏は体を冷やすために血流を増やして汗をかかせることで、熱を放出します。しかし、冬は体を冷やしてしまうと凍死してしまうので、皮膚の表面や手足の末端は体温を奪われないように血流を制限します。そのため、栄養が行き届かず新陳代謝が落ちてしまうのです。

新陳代謝が落ちると、肌細胞の生まれ変わり=ターンオーバーのリズムも乱れてしまい、肌を保護するバリア機能も低下します。乾燥とターンオーバーの乱れによって、肌は危機的状態に陥ってしまうのです。

冬のスキンケアこそ、原点回帰で

肌にとってシビアな冬だからこそ、スキンケアの基本を守ることが大切です。冬は保湿にとらわれるあまり、油分の多いクリームやオイルを使いたくなりますが、油分に頼るあまり、水分の補給がおろそかになる人も多いのです。

スキンケアの基本はクリーム以前の、水分補給にあります。さらに、化粧水+乳液or美容液のケアがしっかりできていれば、クリームは乾燥がひどい部分にだけ使う程度で済むはず。

化粧水でしっかり水溶性の美容成分を送り届け、乳液or美容液で油性の美容成分を送り届ける、というのがスキンケアの基本です。敏感肌でも使えるような低刺激の化粧品を選び、肌をいたわりながらケアしてあげてくださいね。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑