顔がベタベタとし、乾燥とは無縁と勘違いしがちな「夏」。1年中、肌を健やかに保つためには、インナードライを防ぐ夏のケアがカギとなります。正しい保湿を心がけ肌トラブルを改善しましょう。

夏の肌は表面が潤っているだけ

梅雨が明けてもまだまだ湿度が高く、蒸し暑い日が続く夏。肌の乾燥も和らぎ、肌の調子がいいと感じる方も多いことでしょう。夏は化粧水だけで済ませるという方もいるようです。でも、夏はインナードライになりやすい季節。表面はベタベタとテカっているのに、肌の内部はカラカラに乾燥している状態になりやすいのです。

汗をかくと保湿剤をつけたくなくなりますが、保湿不足は肌の老化を招きます。肌に化粧水を十分に浸透させた後、乳液や美容液でしっかり保護するようにしましょう。

日焼け止めも肌への刺激に

紫外線の強い夏は、日焼け止めを塗っていても日差しのダメージを少なからず受けています。それに、日焼け止め自体の刺激もあるため、肌は常に刺激にさらされているのです。UV効果の高い日焼け止めだと洗浄力の強いクレンジングや洗顔料でないと落ちないので、普段はSPFが低いものを選び、こまめに付け直すのが◎。

これなら、洗浄力がさほど強くない洗顔料でもしっかり落ちます。SPFの高い日焼け止めを使った時には、保湿成分まで取り除いてしまわないように、洗顔料をたっぷり泡立てて優しく洗いましょう。

ちなみに、日焼け止めは紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプや、保湿成分が含まれたタイプもあるので、こうした肌に優しいタイプを選ぶのもおすすめ。日焼け止めといえど、スキンケアの一部ととらえて肌に優しいものをセレクトしたいですね。

化粧水+乳液でしっかり肌を保湿しよう

肌のベタつきが気になる夏は、保湿を軽視してしまいがち。でも、肌内部の乾燥を避けるためにも、化粧水+乳液のシンプルケアでしっかり保湿してあげましょう。夏場は、洗顔後に肌の水分が蒸発しやすいので、時間を置かずにすぐ保湿を意識してください。水分が行き届くと、やがて水分と油分のバランスが整うのでテカリの予防にも繋がりますよ。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑