乾燥肌対策グランプリ » ダメ!肌が悪化するNG習慣  » CASE3 浸透力重視のスキンケア

CASE3 浸透力重視のスキンケア

乾燥肌や敏感肌を招く原因のひとつ。浸透力重視のスキンケアの注意点や、正しいスキンケアのポイントを解説します。顔の乾燥に悩む人は要チェック。

多くの化粧品は肌に「不要」な成分が含まれていると心得よう

肌の奥までしっかり成分を届けてくれる、浸透力の高い化粧品。肌に良い成分だけが含まれていれば良いですが、不要な成分や刺激のある成分が入っていると、実は、敏感肌を誘発する可能性があります。

乾燥肌の人は水分や美容成分をたっぷり補給しようと思うあまり、浸透力の高い化粧品を選びたくなるもの。でも、多くの化粧品には肌のための成分だけではなく、品質を清潔に保つために、また、使用感を良くするために防腐剤や安定剤、界面活性剤が入っているのです。

浸透力の高い化粧品を使うと、これらの本来不要な成分まで角質層に届けてしまうことになります。「使い続ける=肌に刺激を与え続ける」ことになり、その結果、肌のバリア機能が失われてしまい敏感肌を招いてしまうのです。

毎日こまめにケアしても肌のトラブルが絶えないという女性は多くいます。化粧品を選ぶ際には、必ず成分表示を確認して刺激となる添加物が入っていないかを確認しておきましょう。

浸透力が高過ぎる化粧水は肌の乾燥が早い?

特に、基礎化粧品を選ぶ際に、「浸透力を重視する」という方も多いと思います。でも、浸透力が高すぎると肌の内部に美容成分を送り届けることができる反面、肌の表面に近い部分の乾燥が早いため、いちがいに浸透力が高ければ良いというものではありません。浸透力ばかりにこだわるのではなく、浸透と保湿が両立した化粧水を選ぶようにしましょう。

美白成分が入った化粧品は要注意

肌が乾燥している場所はシミやそばかすができやすので、美白成分の入ったスキンケアを選ぶ方もいると思います。エイジングケアの観点ではおすすめなのですが、敏感肌や乾燥肌の場合は慎重に選ばないと肌に負担をかけることになってしまいます。

特に、美白成分の代表ともいえるビタミンC誘導体は刺激が強いため、自分の肌に合うかテスターなどで事前にチェックした方がいいでしょう。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑