CASE4 自称脂性肌ケア

表面がベタついていても肌の内部が乾燥する「インナードライ」によって、肌荒れに悩む女性が増加中。乾燥の原因を解説し、正しいスキンケア法をご紹介します。

女性の8割以上にインナードライの疑いが…!

「肌の表面はテカテカしているのに、肌のツッパリを感じる…」。このような人は、肌の内部が乾燥しているインナードライ肌の可能性が大!インナードライは別名「脂性乾燥肌」とも言われ、自覚している方は少ないのですが、女性の8割以上がインナードライの疑いがあるとも言われています。

★あなたはインナードライ肌?特徴をチェック!

なんと、これらがひとつでも当てはまる人は、インナードライの可能性があるそうです。

こすり過ぎは厳禁!洗顔には細心の注意を

インナードライ肌の人は自分で脂性肌だと勘違いして、皮脂を取るケアをしている場合も少なくありません。もっとも多いのは過度な洗顔です。肌の皮脂汚れをすっきりさせたいという思いから、洗浄力の強い洗顔を選んでしまい、そのため角質層にある必要な皮脂まで落とされてしまい、慢性的なインナードライを起こしているのです。

また、しっかり落としたい気持ちはわかりますが、ゴシゴシこすって洗うのも厳禁。洗顔には必ず、モコモコの泡を立てて、指が直接肌に触れないように泡を動かしながら洗顔するのが基本中の基本です。

保湿力に優れた化粧水を使おう

脂性肌だから化粧水をつけない、さっぱりした使用感の化粧水を選ぶというのも間違い。インナードライは、肌の奥の角質層にまでしっかりと美容成分を浸透させなければ改善されません。また、細胞間脂質をしっかりと潤わせるためにも、乳液や美容液でしっかり保湿することも大切。

ただし、浸透力の高い化粧水は添加物も一緒に肌の奥に届いてしまうため、成分表示を確認の上、肌に負担のないものを選びましょう。また、過度なケアはインナードライ肌を悪化させてしまうので、油分の多いクリームやオイルの使い過ぎにも注意しましょう。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑