乾燥肌対策グランプリ » ダメ!肌が悪化するNG習慣  » CASE2 油分の多いクリーム・オイル

CASE2 油分の多いクリーム・オイル

保湿クリームやオイルなどを使って「油分でしっかりフタ」はNG!肌の乾燥を招く原因を解説し、乾燥肌の正しいスキンケア方法を紹介します。

油分でフタは昔の話!乾燥肌にはかえって逆効果に…

スキンケアは「化粧水で水分を与えて、油分でフタをするもの」だと、よく耳にしますよね。実は、これは間違った理論で、医師によるとこの理論は20年以上前のものなのだそう。

この理論に基づいて、スキンケアの最後にたっぷりクリームやオイルを塗ると水分と油分のバランスが崩れてしまい、ニキビなどの肌トラブルを招く恐れがあります。

肌の乾燥がひどいと、どうしても油分を求めてしまいがちですが、油分の過多は肌に負担となってしまいます。肌を健やかに保つためには肌を休ませることも大切です。余計な負担をかけすぎないようにしましょう。

また、肌なじみのよいオイルを塗り過ぎると、細胞間脂質のバランスが崩れて肌のバリア機能が失われてしまう恐れも。美容オイルも同様につけ過ぎには注意しましょう。

クリームやオイルの選び方

スキンケアは基本的に、化粧水+乳液or美容液、もしくはバランスよく配合されたオールインワン化粧品を使っていれば十分です。乳液や美容液に油分が入っているタイプを選んでいれば、特にクリームやオイルを塗る必要はありません。

もし、ひどく乾燥している箇所がある場合は、ワセリンで肌を保護してあげましょう。ワセリンは、乾燥肌のケアとして皮膚科で処方されることが多く、角質層に浸透しないためバリア機能を壊すこともなく安心して使用できます。肌への刺激がなく、皮膚を保護できるのでおすすめです。

化粧水や美容液に油分が含まれていない場合

では、乳液や美容液に油分が含まれていない場合は、どんなクリームを選べば良いのでしょうか。この場合は、細胞間脂質の成分をクリームで補うようにしてください。細胞間脂質の代表的な成分であるセラミドは、特に保湿力が高いのでセラミド配合のクリームを選ぶと良いでしょう。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑