プラセンタ

ウマやブタなどの胎盤から摂った「プラセンタ」の保湿効果はどれくらい?乾燥肌に効くプラセンタ化粧品選びのコツや、食品から摂る場合のポイントもまとめました。

細胞の生まれ変わりを助け、健康な肌づくりをサポート

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出した成分。最近では美肌ケアやアンチエイジングの定番ですが、その歴史は古く紀元前から使われていたという記録も残っています。プラセンタは胎盤を加水分解という方法で細かくしたもので、生命を維持するための力に満ち溢れています。

もともと、胎盤として胎児を守る役割があるため、トラブルの元となる有害物質を排除する働きを持っています。肌で言うならば、紫外線やストレス、外部からの刺激などを軽減してくれるのです。刺激から守られていれば肌内部の水分は蒸発しないので、潤いに満ちた状態がキープできるというわけです。

ほかにも、プラセンタ自体に保湿効果があるのに加えて、保湿に欠かせない成分「セラミド」の生成を促す効果もあるため、ダブルの保湿効果が期待できます。

化粧品からプラセンタを摂り入れるコツ

プラセンタ化粧品は原液をそのまま摂取できるタイプや、プラセンタエキスを主成分とした美容液、化粧水や洗顔料などにプラセンタエキスを配合した化粧品など、その種類は実に豊富です。

しかし、本来プラセンタはブタやウマなどの動物性由来ですが、なかには似たような作用を持つ「植物性プラセンタ」と「海洋性プラセンタ」という商品もあります。これらには、動物性プラセンタ特有の働きと言われる皮膚の新陳代謝を促す物質は含まれていないようです。

また、プラセンタエキスの有効成分を壊さないよう、抽出方法にこだわっているかどうかも品質に大きく影響します。メーカーのサイトで原材料や製法のこだわりをしっかりチェックした上で、信頼できるものを選ぶようにしましょう。

食品からプラセンタを取り入れるコツ

プラセンタは胎盤にしか含まれていないので、食べ物から摂ると言っても豚のコブクロくらい。食べ物から摂るのは現実的ではありません。でも、最近はサプリメントや美容ドリンクがたくさん登場しているので、こうした商品を活用すると良いでしょう。ただし、敏感肌の人の場合はプラセンタ以外のアレルギーを持っている可能性もあるので、しっかり成分を確認してから試すようにしましょう。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑