ヒアルロン酸

1gで6リットルもの水を抱え込める「ヒアルロン酸」の保湿メカニズムをわかりやすく解説!肌への働きや、効果的な摂取法をご紹介します。

最もメジャーな保湿成分「ヒアルロン酸」の効果と効果的な摂取法

ヒアルロン酸といえば保湿ケアの代名詞。元々は、眼球のガラス体成分として発見されたそうで、皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分と言われています。

最大の特長は、保水力の高さ。たった1gで6リットルもの水分を保持でき、セラミドと組んで肌に潤いと弾力をもたらします。細胞と細胞同士をつなぎ合わせる働きがあり、水分を蓄え、クッションのような働きを持っているのも、ヒアルロン酸の特徴です。

このような優れた保湿効果から、今では数多くの化粧品に配合されています。ヒアルロン酸は、年齢とともに失われていくため意識して補っていきましょう。

化粧品からヒアルロン酸を摂りいれるコツ

ヒアルロン酸の化粧品は肌の表面を覆い、保護・保湿効果を与えます。ただ、ヒアルロン酸をそのまま塗ってしまうと肌のバリア機能が乱れている敏感肌の肌にはとどまりにくいので、「高フィットヒアルロン酸」といった種類など、より保湿効果が得られやすいものを選ぶと良いでしょう。

また、ヒアルロン酸自体の分子は大きいため肌の表面の角質層に留まってしまい、1番届かせたい真皮に到達することはできません。それでも、ヒアルロン酸が重宝される理由は、水分の蒸発を防ぐ効果があるからです。

最近は、分子を小さくした低分子ヒアルロン酸やフリーズドライ加工した無水ヒアルロン酸などもあるので試してみると良いかもしれませんね。

食品からヒアルロン酸を取り入れるコツ

ヒアルロン酸は、人間だけでなく、鶏、豚、魚、野菜にも含まれていて食べ物からも摂取できます。ヒアルロン酸を多く含む食べ物は鶏の軟骨、鶏手羽、豚足、鮭、カレイ、フカヒレ、うなぎなど。野菜は、ヤマイモ、オクラ、納豆、もずくといったネバネバ食材に多く含まれます。比較的手軽に補えますが、食材に含まれるヒアルロン酸は分子が大きいため吸収されにくいようです。

効率よく体内に吸収させるのであれば、サプリメントを活用すると良いでしょう。安価なサプリは分子が大きく吸収されにくいことが多いようなので、低分子ヒアルロン酸を配合するサプリを選ぶようにしましょう。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑