コラーゲン

乾燥肌対策に有効な成分「コラーゲン」の保湿効果を解説。化粧品や食品から摂る場合のポイントもまとめました。

潤いを保ちながら肌のハリを作り出す「コラーゲン」

数ある保湿成分のなかでも、特に有名なコラーゲン。肌や関節、内臓など体のあらゆる場所に存在しています。タンパク質のうち、30%はコラーゲンでできているそうで、ヒアルロン酸と同様に体にとって大切な成分です。

特に、肌にとっては土台を作り出す重要な働きを担っており、肌のおよそ40%がコラーゲンでできているとも言われています。コラーゲンは、網目状の構造をしていて、その網目の間に油分や水分を抱えこみ肌にハリをもたらします。そして、バネのように肌を押し上げることで潤いを保ちながらハリを生み出すのだそうです。

コラーゲンは25歳をピークに自然に減っていくうえ、紫外線や喫煙などによっても失われるため、肌に刺激を与える生活を送っているとコラーゲンが不足しがちになり、シワやたるみが出てしまいます。

化粧品からコラーゲンを摂りいれるコツ

敏感肌や乾燥肌の場合、バリア機能が弱まっているためコラーゲンが普通よりも失われやすくなっています。そのため、コラーゲンを化粧品で補うことは良いことではありますが、実は、コラーゲンは分子が大きすぎるため肌の上から塗っても浸透しないのです。

化粧品のおかげで肌の表面は潤っても、失われたハリを取り戻すことは残念ながらできません。コラーゲンを外側から補いたいのであれば、「ナノ化」や「低分子化」などの低分子コラーゲンを配合した化粧品を選ぶようにしましょう。

食品からコラーゲンを取り入れるコツ

女性向けの飲食店に行くと「コラーゲンたっぷり」「コラーゲン入り」といったキャッチコピーが目にとまる方も多いのではないでしょうか?でも、実はコラーゲンを食べてもお肌に効果があるとは言えないのだそう。というのも、コラーゲンを食べ物から摂取できるかについては、確かな効果が立証されていないからです。

コラーゲンは、豚足や鶏皮、手羽先、牛スジ、エビ、カレイ、うなぎ、なまこなどに多く含まれていますが、これらを摂ったからといって肌が潤うというわけではないようです。また、コラーゲン含有のサプリメントも多く出回っていますが、過度な摂取は栄養バランスの乱れを招く恐れもあるので用法・用量を守って服用しましょう。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑