セラミド

肌のバリア機能を整えるために欠かせない保湿成分「セラミド」の働きとは?化粧品や食品から摂る場合のポイントもまとめました。

肌を外敵から守る番人「セラミド」の保湿効果

ストレスや外部の刺激で弱った「肌のバリア機能」を助けてくれるのがセラミド。乾燥肌や敏感肌用の保湿化粧品でよく目にしますね。

角質層は、角層細胞と細胞間脂質がミルフィーユのように重なることで水分が保たれるようになっています。その1つひとつを接着しているのがセラミドで、細胞間脂質の主成分のうち約50%を占めています。また、肌の中にある水分を外に出さないように、水分を保持する役割も担ってくれています。

ところが、紫外線を浴びるなどで肌の水分が不足し、乾燥した状態になると、角質層がはがれていき、あらゆる刺激が直接肌を傷つけるようになります。そして、少しの刺激に反応してしまう敏感肌になってしまうのです。

セラミドは加齢とともに減少していくため、乾燥肌や敏感肌の人は特に積極的に補給していく必要があります。

化粧品からセラミドを摂りいれるコツ

乾燥肌、敏感肌、アトピー肌のケアには、セラミドを積極的に摂るのが良いと言われていますが、化粧品で肌にセラミドを補ったとしても肌の内側までは浸透しません。ヒアルロン酸やコラーゲンと同様、そのまま塗っただけでは「肌の表面に潤いを与える」「肌の内側の水分を蒸発させない」という働きしか期待できず、細胞同士を接着するというセラミド本来の効果は期待できません。

ただし、なかにはセラミドの浸透を高めるためにナノ化にしたり、人間の肌の角質層にあるセラミドと同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」を採用したりという工夫を凝らしているメーカーもあります。セラミド配合の化粧品を選ぶ際は、品質も必ずチェックしましょう。

また、極端に価格の安いものはセラミドが微量しか含まれていない場合もあります。できるだけ、配合量が明記されている化粧品を選ぶようにしましょう。

食品からセラミドを取り入れるコツ

セラミドは食べ物からも摂取することができます。セラミドを含むのは「黒」の食品です。代表的な食品はコンニャクで、黒豆、しらたき、小豆、ひじき、わかめ、ごぼう、そば、コーヒー、黒こしょうなどの食品には豊富に含まれています。

逆に、植物油に含まれるリノール酸はセラミドを減少させてしまうので、菓子類、パン、ラーメン、インスタント食品などは控えつつ、和食中心の食生活を心掛けるのがポイントです。食生活が乱れがちな時はセラミド配合のサプリメントも活用してもいいかもしれませんね。

この記事の関連のページ

乾燥肌対策グランプリの対戦結果を見る

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

↑