優勝は話題の成分サクラン配合のオールインワン

化粧品部門代表「サクラムアルジェ」、サプリ部門代表「ファインネージ」、美容家電部門代表「スチーマー ナノケア」を、乾燥肌の9名で実際に試し、毎日朝昼晩と肌の水分・油分・弾力をチェック。その結果、もっとも乾燥肌を改善してくれる商品としてグランプリを獲得したのがコレ!

グランプリに選ばれた決め手

勝因その1
ヒアルロン酸の約10倍の保水力をもつ「サクラン」が肌を24時間バリア
勝因その2
使い続けるほどに肌が安定。余計な刺激を与えないオールインワンタイプ
勝因その3
口コミ評価に納得!実際に試してわかった、心地よい使用感&高い保水保湿力

化粧品・サプリ・美容家電、各部門の勝ち抜き選手をお試し検証

[リーグA]
化粧品部門代表

サクラムアルジェ
サクラムアルジェ
サクラムアルジェレポーター
3名とも日を追うごとに肌のコンディションが整い、乾燥が改善。
肌の状態測定でも、使用前の肌より「柔らかい」肌へとうれしい変化が。

[リーグB]
サプリ部門代表

ファインネージ
ファインネージ
ファインネージレポーター
わずかではあるが水分・油分ともに上昇。
サプリメントの特性を考えると、短期間でも効果が見られただけに、続ければ肌が改善しそう。

[リーグC]
美容家電部門代表

スチーマー ナノケア
スチーマー ナノケア
ナノケアレポーター
ケア直後は高い数値を示すも、水分量の持続力はいまひとつ。
ただ、肌がなめらかになり、ファンデのノリやメイク崩れには効果を発揮。
肌チェッカーで測定

予戦の各部門で勝ち抜いた化粧品・サプリ・美容家電を実際に使って肌の状態を測定。使い心地や肌の変化をふまえ、本当に乾燥肌に効果があるものはどれかを検証しました!
肌チェッカーは、肌の水分値・油分値のほか、肌の弾力を「非常に柔らかい」「柔らかい」「普通の肌」「荒れている」「非常に荒れている」の5段階で測定できるものを使用。

乾燥肌対策グランプリにエントリーしたのはこちら

[リーグA]化粧品部門

エントリーアイテム
「体の外側からのケア」として毎日欠かせない基礎化粧品。乾燥肌に人気のものをピックアップし、「保水・保湿力」「肌へのやさしさ」「口コミ評判」の3つの軸で徹底比較しました。

[リーグB]サプリ部門

エントリーアイテム
「体の内側からのケア」として美肌をサポートしてくれるサプリメントを厳選。「保水・保湿力」「飲みやすさ」「口コミ評判」の3つをチェックして、乾燥肌におすすめのNo.1サプリを選抜しました。

[リーグC]美容家電部門

エントリーアイテム
「自宅でできるスペシャルケア」として、イオン導入器やスチームなど、タイプの違う美容家電4つをセレクト。「保水・保湿力」「続けやすさ」「口コミ評判」から、ベストアイテムを選びました。

実力No.1のサクラムアルジェの魅力を徹底分析!

乾燥肌に悩む9名が実際に商品を試した結果、乾燥肌対策にもっとも優れていたのは「サクラム アルジェ モイスチャージェル コンプリートマスク(美容液ジェル)」に。「オールインワンだけでは不安」という声もはねのけ、「コレひとつでも乾燥対策が十分だった」「手軽にケアできるから楽」と評判も上々。口コミや商品情報だけではわからない乾燥肌への効果が実証されました。

ヒアルロン酸の約10倍の保水力!天然生まれの保湿成分「サクラン」に注目

サクラムアルジェは、九州・阿蘇山のふもとに生息する希少な「スイゼンジノリ」という藻から抽出された天然成分「サクラン」に着目したオールインワンジェル。「コンプリートマスク」と名付けられている通り、肌の上で水分のヴェールが「第二の肌」となり、24時間肌をバリアしてくれます。しかも、サクランは塩水と相性が良いため、汗と混ざると保水力がアップ。化粧水にうってつけの成分なのです。

【サクランの特徴】

サクラムアルジェ

といった特性があり、乾燥肌の原因と言われる「バリア機能」の低下を防ぐのにとても適しています。テレビや著名な科学誌などでも特集が組まれ、絆創膏やオムツなどの商品にも使用されたり、アトピー治療に使われたりと、サクランパワーは美容に限らず医療分野においても注目の的です。

サクランの保水力は純水だとヒアルロン酸の約5倍、塩水だと約10倍。サクランが作る水のヴェールが肌内部の水分を閉じ込め、外部刺激から肌を守ります。

繰り返す乾燥が原因の敏感肌もやさしくケアするオールインワン

サクラムアルジェのホームページ

カサつきが気になると、ついついクリームやオイルを足しがちですが、過剰なケアはかえって逆効果。肌を甘やかした結果、本来の機能が正常に働かなくなることも。肌が弱っている時こそ、シンプルなケアが肌を改善する近道です。

サクラムアルジェ モイスチャージェル コンプリートマスクは、オールインワンジェルなので化粧品の重ね使いによって肌に刺激を与えるリスクもありません。

パラベン、エタノール、界面活性剤、鉱物油、人工着色料、人工香料不使用の無添加処方だから、敏感肌の人でも安心して肌をいたわりながら保水・保湿ケアができます。さらに、サクランのチカラを引き出す、アロエベラ葉エキス、スクワランなど6つのサポート成分も配合。

話題の成分「サクラン」配合の化粧品なら、内側から出る水分を逃がさないスキンケアが可能です。 多くの化粧品に使われるヒアルロン酸に比べ、肌のように塩性を帯びた状態では約10倍もの保水力があるからです。肌の中に浸透せずに肌の表面で水のベールをつくるサクランは、まさに理想的。肌の中から蒸発する水分も守るため、肌の内外で潤いができます。

しかも、塩分とくっつくと約2倍ほど粘性が生まれ、ゲル化してくれるので長時間にわたり潤いを保たせてくれます。 なかなか改善しない乾燥肌を治したいなら、外側からのケアにたよらず、乾燥に負けない強い肌を目指してみてはいかがでしょう。

サクラムアルジェの口コミ・評判

乾燥肌対策グランプリを制した
サクラムアルジェの公式HPはこちら

乾燥肌対策グランプリを終えて…

今回実際に試してみた「サクラムアルジェ モイスチャージェル コンプリートマスク」「ファインネージ」「スチーマー ナノケア」は、どれも乾燥肌の改善が期待できる商品でした。まずは毎日のスキンケアを見直し、それでも肌の調子が安定しないようなら、サプリで体の内側から栄養を補ったり、集中ケアとして美容家電を取り入れたりすると、肌が見違えるように元気に生まれ変わるかもしれませんね。乾燥肌に悩んでいる方は、ぜひご自身で試してみてください。

部門別エントリー商品一覧

 グランプリに参戦したアイテムを部門別に一覧で紹介します。

化粧品部門

サクラムアルジェ
サクラムアルジェ
◆特徴
ヒアルロン酸の約5倍の保水力を持つ「サクラン」を配合したオールインワンジェル。
◆価格
3,984円(お試し価格)
ヒフミド
ヒフミド
◆特徴
大手製薬会社の小林製薬から出ている基礎化粧品。保水力3倍の「ヒト型セラミド」が含有してます。
◆価格
エッセンスローション
4,644円
エッセンスミルク
4,860円
エッセンスクリーム
6,480円
キュレル
キュレル
◆特徴
敏感肌に有効な基礎化粧品。保湿シリーズではセラミドを主成分としています。
◆価格
化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
各1,800円
乳液
1,800円
クリーム
2,300円
ディセンシアつつむ
ディセンシアつつむ
◆特徴
肌の状態に合わせて使い分けられるように3つのシリーズを展開。多くの女性から支持されています。
◆価格
ローションセラム
3,672円
フェイスクリーム
3,240円
ライスフォース
ライスフォース
◆特徴
累計1,300万本もの販売実績を誇るスキンケア化粧品。お米からとれたエキスの圧倒的な保湿力が人気です。
◆価格
ディープモイスチュアローション
8,640円
ディープモイスチュアエッセンス
10,800円
ディープモイスチュアクリーム
8,640円
極潤
極潤
◆特徴
価格が安いにも関わらず、他のブランドコスメにも負けない保湿力がある化粧水です。
◆価格
極潤ヒアルロン液
オープン価格
ワンリッチゲル
ワンリッチゲル
◆特徴
エステティシャンが開発したオールインワン基礎化粧品。本格派スキンケアを自宅で行えます。
◆価格
ホメオバウ
ワンリッチゲル
5,616円
ディセンシアアヤナス
ディセンシアアヤナス
◆特徴
乾燥肌の対策だけでなく、年齢肌の原因も取り除く成分を配合しているので、若々しい肌に近づきます。
◆価格
RCローション
4,860円
EVエッセンス
7,020円
ASクリーム
5,400円
アスタリフト
アスタリフト
◆特徴
富士フィルムの化粧品。抗酸化成分アスタキサンチンと抗酸化成分リコピンで美肌へと導いてくれます。
◆価格
ローション
4,104円
エッセンスディスティニー
6,480円
クリーム
5,400円
エマルジョン
4,536円
メディプラスゲル
メディプラスゲル
◆特徴
30歳から40歳の年齢肌に悩む女性たちから支持され、累計販売個数300万本に上っています。
◆価格
3,996円
dプログラム
dプログラム
◆特徴
独自の保湿設計の「モイストケアプログラム」は、肌に潤いを与えながらバリア機能を強化します。
◆価格
モイストケア ローション
3,780円
モイストケア エマルジョン
4,104円
モイストケア クリーム
4,320円
みんなの肌潤糖
~アトケアタイプ~
みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~
◆特徴
8割がビート糖、残りは植物性オイルの化粧品。モンドセレクション2014で金賞受賞した実力があります。
◆価格
3,240円

サプリ部門

ヒアルロン美潤
ヒアルロン美潤
◆特徴
低分子ヒアルロン酸をメインに配合している高級サプリメント。1ヶ月約1万円だけあって効果大のようです。
◆価格
ヒアルロン美潤体質確認パック
3,300円
ファインネージ
ファインネージ
◆特徴
ヒアルロン酸以上の保水成分を持つ「プロテオグリカン」のほかに、5つの美容成分を配合しています。
◆価格
ファインネージ
4,860円
プラセンティーナ
プラセンティーナ
◆特徴
国産サラブレッドの馬プラセンタエキスを配合したサプリ。純度100%のプラセンタを凝縮しています。
◆価格
プラセンティーナ
9,072円
ファンケル美時
ファンケル美時
◆特徴
肌年齢が気になる女性から支持されているサプリ。老廃物の分解のサポートする成分を含有しています。
◆価格
ファンケル美時
4,731円
活性ナノコラーゲンつぶ
活性ナノコラーゲンつぶ
◆特徴
1日3粒で12,000mgのコラーゲンを補えるサプリ。コラーゲン特有の臭いがないのが特徴です。
◆価格
フラコラ 活性ナノコラーゲンつぶ
3,600円
KIMEHADA馬プラセンタ
KIMEHADA馬プラセンタ
◆特徴
アミノ酸を豊富に含んだ馬プラセンタを凝縮したサプリ。1日3粒で42,000mgのプラセンタを補うことができます。
◆価格
KIMEHADA馬プラセンタ
6,990円
DHCセラミド
DHCセラミド
◆特徴
肌の乾燥を内側からサポートするサプリ。天然植物性セラミドを100%使用しています。
◆価格
セラミド
1,566円

美容家電部門

クラリソニック
(音波洗顔マシン)
クラリソニック(音波洗顔マシン)
◆特徴
汚れを落とす効果が手洗顔の約6倍の音波振動マシン。高い効果の毛穴詰まり改善で、美容成分の浸透率が格段に上がります。
◆価格
クラリソニック ミア 15,660円
クラリソニック ミア2 18,360円
クラリソニック アリア 22,680円
クラリソニック プラス 28,620円
スチーマー ナノケア
(スチーマー)
スチーマー ナノケア(スチーマー)
◆特徴
エステレベルの保湿ができるパナソニックの美容家電。ナノスチームが角質層まで行き渡り、保湿効果をキープしてくれます。
◆価格
スチーマー ナノケア
(オープン価格)
ナイトスチーマー ナノケア
(オープン価格)
ツインエレナイザー
(超音波美顔器)
ツインエレナイザー(超音波美顔器)
◆特徴
年齢肌が気になる女性のための多機能美顔器。たった10分でお手入れ完了するので、楽天の美顔器部門1位をキープしています。
◆価格
ツインエレナイザーPROⅡ
18,360円
ツインエレナイザーPRO
18,360円
イオンエフェクター
(導入美容器)
イオンエフェクター(導入美容器)
◆特徴
電気浸透流で、角質肌まで化粧水を浸透させてくれます。温感モードにすれば、保湿効果のほかにリフトアップも期待できます。
◆価格
導入美容器 イオンエフェクター<温感タイプ>
参考価格12,470~19,800円
導入美容器 イオンエフェクター
参考価格6,800~14,800円

乾燥肌の原因と対策

以下のページで、乾燥肌の改善に役立つ情報を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

乾燥性敏感肌・アトピー乾燥肌対策のキホン

乾燥性敏感肌とは、外気の環境変化によって肌の乾燥が進んだ結果、外部の刺激に対し肌が過敏になっている状態のことを言います。

デリケート肌の原因

「デリケート肌」とは、外側からのちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう肌のこと。乾燥、洗浄力の強いシャンプー、ストレス、食習慣などが原因となって陥る状態です。肌のバリア機能を正常に保つ対策が必要です。

敏感肌・アトピー肌を改善する生活習慣

肌のバリア機能が低下すると、敏感肌やアトピー肌を悪化させてしまいます。紫外線や乾燥などの外的要因、また、生活習慣やストレスなどの内的要因を改善し、肌のバリア機能を回復させましょう。

敏感肌・アトピー肌を改善するスキンケア

敏感肌・アトピー肌の改善を目指すには、日頃のスキンケアに気を配る必要があります。まず、刺激の強いクレンジングや化粧水などは避けましょう。洗顔の際に肌をゴシゴシとこすることもタブーです。

化粧品を選ぶ前にチェックしたいこと

敏感肌の人が化粧品を選ぶときには、刺激が強いとされるパラペン類などを含まず、セラミドなど肌のバリア機能を高める成分を含む化粧水を選びましょう。また、肌への摩擦を少なくするためには、オールインワンタイプの化粧品をお勧めします。

あなたは大丈夫?乾燥肌が悪化するNG習慣

保湿ケアのポイントは、セラミドやアミノ酸など、細胞間脂質・天然保湿因子の働きを高める成分を補うことです。

CASE1 化粧水オンリー

化粧水オンリーでスキンケアをしていると、インナードライを加速させてしまい、乾燥肌を悪化させることがあります。化粧水に加えて乳液や美容液を使用するか、または、オールインワンタイプの基礎化粧品を選びましょう。

CASE2 油分の多いクリーム・オイル

油分の多いクリームなどで肌にフタをするというケア法は、細胞間脂質のバランスを崩して、乾燥肌を加速させる原因にもなります。適度に油分を含んだ乳液、オールインワンタイプの化粧品などにとどめておきましょう。

CASE3 浸透力重視のスキンケア

浸透力の高いスキンケア商品には、防腐剤や界面活性剤など、乾燥肌の原因になる成分が多く含まれています。また、肌の奥まで浸透する反面、肌表面の乾燥が早いというデメリットも。注意が必要です。

CASE4 自称脂性肌ケア

一見、テカテカした脂性肌に見えながら、内部では乾燥が進んでいる肌状態のことをインナードライと言います。皮脂をとることに熱心になるあまり、肌内部の乾燥がさらに進むこともあります。脂性肌の人こそ保湿が大切です。

CASE5 ミストスプレーで保湿

ミストスプレーに保湿効果は期待できません。肌に一時的に水分を与えるだけで、15分もすれば、肌の大事な成分を引き連れて蒸発してしまいます。使用する際には、しっかりと乳液・美容液などで肌を保護するようにしましょう。

CASE6 化粧品の重ねづけ

化粧品を重ねづけすると、刺激成分が肌に浸透しやすくなり、乾燥肌の原因となります。また、過剰な肌ケアによって、肌が本来持つ保湿機能が低下するおそれもあります。これを防ぐには、無添加のオールインワン化粧品で一度にケアするのがおすすめです。

季節ごとに変わる乾燥肌対策

四季の変化は、肌環境の変化でもあります。季節ごとの気温や湿度に合わせたスキンケアこそ、乾燥肌へのとても有効な対策です。

春の乾燥肌対策

冬の名残で、外気の乾燥はまだ続いています。紫外線や花粉の飛散なども、肌トラブルを招く大きな要因です。乾燥対策・花粉対策には保湿が有効。紫外線対策として、こまめなUVケアも欠かせない季節です。

夏の乾燥肌対策

夏の肌は、表面は潤っていたとしてもインナードライが進みやすい傾向があります。「化粧水+乳液」で十分な保湿対策が必要です。また、SPFの高い日焼け止めは、クレンジングでも落としきれません。肌に優しい日焼け止めをこまめに使用するのが理想です。

秋の乾燥肌対策

残暑で肌がベタベタすることがあるものの、外気は着実に乾燥に向かっているのが秋。夏の紫外線やエアコンなどの影響があらわれ、乾燥肌・アトピー肌も悪化傾向にあります。セラミドなど、保湿力の高い成分によるケアが大事です。

冬の乾燥肌対策

気温の低下や過度の乾燥など、肌にとって最も過酷な季節が冬です。体温も下がり新陳代謝が低下するため、放置すれば乾燥肌はますます悪化します。「化粧水+乳液」という基本に立ち戻り、クリームなどによる過剰な油分補給は避けましょう。

カラダの中から体質改善!乾燥肌を潤す食べ物

乾燥肌を潤す栄養素は、ビタミンA・B・C・Eセラミドα-リノレン酸亜鉛など。食材選びの際には意識しましょう。

ビタミンA

体内でレチノールへ変換され、レチノールからレチナールやレチノイン酸へ変換されます。レチナールには肌の潤いを維持し、新陳代謝を正常にすることで肌の再生を促進。余計な皮脂を抑えてくれる効果があります。

ビタミンAの推奨摂取量は、成人男性850μgRAE、成人女性650μgRAEとされております。過剰摂取にも注意が必要で、上限摂取量は2700μgといわれております。

ビタミンAが不足している場合、目が疲れやすい、乾きやすいといった症状が出ます。

ビタミンAの多い食材:レバー、うなぎ、卵、乳製品など

ビタミンB

肌の新陳代謝を活発にし、肌にハリや弾力を与えます。特にビタミンB2と B6が乾燥肌に有効とされており、ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康状態を維持し、ビタミンB6はたんぱく質がエネルギーとして使われる際の補酵素として働き、肌の代謝に関与します。

1日の推奨摂取量はビタミンB2が成人男性1.6mg、成人女性1.2mg、ビタミンB6が成人男性1.4mg、成人女性1.2mgです。普通に生活している分には不足することはあまりありませんが、食事制限ダイエットなど食事バランスが偏る際には注意が必要です。

ビタミンBが不足している場合、体が疲れやすく、イライラや口内炎、貧血や鬱といった症状が出ます。

ビタミンBの多い食材:魚卵、のり、レバー、卵、チーズなど

ビタミンC

コラーゲンの生成に必要不可欠なビタミンで、 メラニン生成の抑制や体内の活性酸素を除去します。角質層の潤いの低下によって起こる乾燥肌だけでなく、肌の老化を防ぐ働きがあります。ビタミンCは体内で生成することができないため、食品からの摂取が必要となります。

ビタミンCの推奨摂取量は、1日2000mgです。食事だけでなく、サプリや医薬品によるサポートも有効になります。

ビタミンCが不足している場合、免疫力が低下するため病気になりやすいです。また、シミやシワができやすくなります。

ビタミンCの多い食材:ピーマン、柿、ケール、ゴーヤ、焼き海苔など

ビタミンD

紫外線から生成されるビタミンで、皮膚の殺菌効果を高め、肌の新陳代謝を活発にする働きがあります。皮膚のバリア機能を高めてくれるので、アンチエイジング効果もあります。乾燥肌、アレルギー、アトピーなどのトラブル肌の方に向いています。

ビタミンDの推奨摂取量は、1日5μgです。食事だけでなく、紫外線からもビタミンDを作ることができます。

ビタミンDが不足している場合、骨密度が低くなり間接の変形や骨がもろくなるといった危険が起こります。

ビタミンDの多い食材:マグロやカツオなどの魚類、干ししいたけなど

セラミド

肌の水分を蓄えて保湿する効果と、肌の細胞の隙間を埋めることでバリア機能が高くなる成分です。乾燥肌に悩む方には、極めて有効な成分です。年齢と共に生産量が減ってしまうため、セラミド不足が続くと敏感肌になってしまうことがあります。

セラミドの推奨摂取量は1日600μgです。

セラミドの補い方は、化粧品で肌の外側から浸透させるか、食事やサプリメントなどからだの内側から浸透させる方法があります。

セラミドの多い食材:こんにゃく芋、米、小麦、大豆、黒豆、わかめなど

α-リノレン酸

肌の調節機能を持つことから、肌や髪にハリと潤いを与える効果があり、セラミドを作る原料となります。体内で生成できない必須脂肪酸で、アレルギーの抑制をし、お肌の老化を防ぎます。

α-リノレン酸の推奨摂取量は1日2.0~2.9g以上です。

α-リノレン酸が不足していると、生活習慣病になりやすく、高血圧やうつ病などの症状が出やすい。

α-リノレン酸の多い食材:オメガ3脂肪酸の含まれる油、小麦類、とうもろこし、玄米など

亜鉛

肌の正常化に効果があり、新陳代謝をうながします。また、ビタミンCと同じくコラーゲンの生成に必要となります。亜鉛が不足していると、皮膚炎や湿疹を起こすリスクがあり、乾燥肌になりやすいです。

α-リノレン酸の推奨摂取量は男性は1日12mg、女性は1日9mgです。

亜鉛の多い食材:レバー、牡蠣、貝類、カニ、牛肉、たまごなど

【化粧品部門】一番おすすめなのは?
サプリ分門おすすめ改善サプリはこれ!
美容家電部門おすすめナンバーワンは?
【頂上決戦】化粧品・サプリ・美容家電
【優勝】サクラン配合のオールインワンがすごい
保湿ケアに効果的な美容成分一覧
敏感肌・アトピー肌の対策ポイント
ダメ!肌が悪化するNG習慣
スキンケアは季節ごとのケアが大切!
乾燥肌改善に効果的な食べ物
サイトマップ

グランプリ受賞商品の公式ホームページ

↑